コンビネーションプライヤーは、ペンチと間違えそうですが違います。ペンチより可変ができ、針金も太めでもカット。意外と便利なコンビネーションプライヤー

お問合せは下部のボタン↓よりお問合せください

コンビネーションプライヤーで、ものをつかんだり、太めの針金をカット

コンビネーションプライヤーは、ものをつかんだり、くわえたり、太めの針金を切るのに使います。

一見、ペンチ?と間違えてしまうかもしれませんが、ペンチとは違います。

結合部分が1段階広げられるので、ものの大きさに合わせて口の開きを変えることができ、幅があるものでもつかむことができます。
また口の奥の部分は、クリーニングのハンガーなど、大めの針金をスパッと切ることができるようになっています。
代わりにペンチでもかまいませんが、プライヤーのほうが用途は広がります。

特にこれがあることで、いろいろな場面での対応が可能なのです。

«ノコギリは、DIYを代表する道具。女子でもらくらくカット
コンビネーションプライヤーで、ものをつかんだり、太めの針金をカット
ニッパーは、模型だけではなく電気関係では重要な工具»

Copyright 2013 DIY 女子. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー