1年のキズ、フローリングのへこみは、心もへこみます。そんなフローリングのへこみへの対処法。ロウタイプの補修材でうまく補修しましょう。

お問合せは下部のボタン↓よりお問合せください

フローリングの深いへこみどうする?フローリング用補修材でいきましょう。

熱で溶かして便うロウタイプののフローリング用補修剤を使用します。

へラ付きの4色セットとバラ売り等があります。
先端がやわらか<なつた補修剤をへこみに塗りつけるようにして埋め込んでいきます。

補修剤はドライヤーなどで温めてやわらかくしてから使います。
キズが表面のコーティングを破っていない(フローリングの色が変わっていない)程度のキズ、
ヘこみならナチュラル色だけで補修できます。
ドライヤーで温めながらヘラでさらに埋め込んでから、余分な補修剤をすき取ります。

補修剤を埋めた面が平らになったら、 ドライヤ一を軽く当てながら周囲についた補修剤を布で拭き取ります

ナチュラル色の補修剤だけで補修した場合、色が白濁して気になる際は、補修剤で埋めた上から筆ぺンタイプの
着色補修剤を塗るとよいでしょう。

化粧板が、はがれてキズ口が白くなっている場合は、フローリングの色に合う筆ぺン夕イブでキズを塗ってから、
ロウタイプのナチュラル色で埋めます。
ただし、深い引っかきキズの場合は
状況によって目立たなくさせるのが難しい場合もあります。
ロウタイプの補修剤の色がフローリングに合わないときは、スプーンなどに入れて下からライターで熱を加えて
溶かし、揚枝などで混ぜ合わせて色を整えて使うこともできます。

«DIY女子でもできるフローリングキズ補修、浅いキズは浅めの色で
フローリングの深いへこみどうする?フローリング用補修材でいきましょう。
DIY女子のフローリング掃除直伝。»

Copyright 2013 DIY 女子. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー