エアコンは掃除は必須。エアコンにカビがあるとまき散らしてしまいます。しっかりと除去して、健康生活をおくるように掃除をしましょう。

お問合せは下部のボタン↓よりお問合せください

エアコン掃除もDIY。そうすれば2年1度業者に内部を

エアコンはそのままカビを放置するとカビの胞子をまき散らしてしまいます。

エアコンの内部は、風を送り出す工程で水分がたまりやすいため、カビの温床ともいえる場所になってしまいます。

特に風の吹きだし口の周辺は発生しやすい状況。放置しておくと、カビの胞子をまき散らすため、

しっかり除去しましょう。

エアコンの外側の掃除は、スポンジに、中性洗剤、またはそれで落ちにくければ、弱アルカリ性洗剤をつけます。

エアコンの表面にこびりついているカビをスポンジでこすって落としていきましょう。

ぞうきんで水拭きをして、よごれを落とすとともに洗剤もしっかりと拭き取っていきましょう。

さらに、乾いたぞうきんでカラぶきをすることで、水気や洗剤も念入りに拭き取っていきましょう。

最後に風の吹き出し口の周辺を中心に、カビ防止のためにしっかりと、ぞうきんなどにカビを発生させにくくするための

エタノールをふきつけ、しっかりと吹き出し口に塗っていきましょう。

エアコンの内部は、分解して洗浄が必要なため、業者にすすめましょう。

2年から3年に1度を目安にしたらいかがでしょうか?

«触れる頻度が高いドアは中性洗剤できれいさっぱり
エアコン掃除もDIY。そうすれば2年1度業者に内部を
そもそもカビの原因は?しっかりわかって掃除しましょう。»

Copyright 2013 DIY 女子. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー